No.052 大韓民国 

-Republic of Korea-


【KIMONO】 染処おかだ 岡田秀樹

韓国の着物はチマチョゴリの可憐さに注目しデザインの骨格とした。

裾と裾に特徴的なデザインを配置し、むくげの花とカササギ、

伝統的な華文をデザインの大小をアクセントに全体を飾り、

昌徳宮(しょうとくきゅう)と水原華城(すいげんがじょう)を浮かび上がるようなタッチで描いている。

金箔を他輸することで豪華さを醸し出し、韓国の伝統的な色彩とモダンな色彩を組み合わせている。

京都でもデザイン性や色彩で異彩を放つ作者の秀逸な制作力が如何なく発揮された作品です。

【OBI】 服部織物

西陣の服部織物が、高麗の陶磁器にみられる高麗唐草文様をテーマとし、

チマチョゴリに見られる緑をアクセントに本金箔と緑青のパール箔で手織で織り上げています。

0215

0217

0216