No.050 ウズベキスタン共和国

-Republic of Uzbekistan-

【KIMONO】加賀友禅 古泉良範

ウズベキスタンにはシベリア抑留によって多くの日本人が眠っている。

現在は、捕虜という言葉が消され記念碑が立っています。

作者はそんな物語に注目し、ナヴォイ劇場を描く際に桜の花で飾った。

もう一度桜が見たいといってこの世を去った日本人の遺族が植樹した桜がいまも咲いています。

舞踏衣装のスカートを大きく取り方して優雅なフォルムをメインにウズベキスタンの織物から取材した伝統文様をビビッドな彩色で描き、

レギスタン広場のティラカリメドレセ神学校やナヴォイ劇場などを巧みに配置し杏の花とともに美しい風景を表現している。

【OBI】 斉藤織物 製作監修 帛撰

ナヴォイ劇場の建物から取材し,

金唐革という高度で珍しい技法で西陣の斎藤織物が手織で織り上げた。

 

0255

0257

0256