No.041 パプアニューギニア独立国

-Independent State of Papua New Guinea-

【KIMONO】 に志山染匠

パプアニューギニアの着物は、濡らした生地に直接絵筆で描くことで 独特の滲みを作風とする

「濡れ描き友禅」という技法を主に用いて製作されています。

雄大な自然と美しい海に囲まれたパプアニューギニアの空を映すかのようなブルーの地色に、

白や、黄色、紫色で浮かび上がるような蘭の花は、

当に花の楽園と呼ばれるパプアニューギニアのイメージそのものです。

花とは対照的に、無線友禅で写実的に描かれた極楽鳥は、まるで生きているかのような存在感を示しています。

先の大戦での激戦地であるラバウル湾も平和への願いを込めて描きました。

 【OBI】 おび弘

つづれ本袋の技法を用い、

民族伝統のマスクの上に極楽鳥と蘭の花をエキゾチックにデザインし手織で織り上げました。