No.032 マケドニア共和国

-Republic of Macedonia-

 

【KIMONO】 あをい染所

マケドニアの着物は、赤の地色と古代の聖堂跡をイメージした黄色の糸目で国旗を表し、

国花であるケシの花、ブドウ唐草を取り方にして、 オフリド湖を見渡す「聖ヨハン・カネオ教会」首都スコピエにある市民広場、石橋などをはじめとした自然豊かな風景を描き上げています。

震災後に首都の都市計画に貢献した「丹下健三」の名前も書き入れ、日本とマケドニアの友好の証とさせてもらいました。

友禅染めの根幹といえる、糸目糊置きの卓越した技術によって、表情のある作品になっているところが最大の魅力です。

 【OBI】服部織物

西陣の服部織物がマケドニア国旗の赤地に

8本の光を放つ太陽のイメージを鮮やかな赤箔に本金箔・プラチナ箔を用いて織り上げました。