一般社団法人イマジン・ワンワールド代表理事/KIMONO PROJECT代表 高倉 慶応

1968年福岡県久留米市出身。90年慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。92年蝶屋に入社。2000年より公益ひとづくり事業「ミスジャポン」立ち上げ、人づくりや街づくり活動に尽力。洋楽好きが高じ99~2004年「Dreams FM」、2009~2012年LOVE FMで音楽番組のパーソナリティーを務める。2008年(一社)久留米青年会議所理事長。2008年蝶屋社長に就任。2014年一般社団法人イマジン・ワンワールドを設立し代表理事として「キモノプロジェクト」の活動を開始。2015年経済産業省和装振興研究会委員。

IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT

~世界はきっと、ひとつになれる~

「想像してごらん、国境のない世界を」
でも、今日もどこかで人は争っている。

本当は争いなんかいらないとわかっているのに。

だから、言葉にしよう。
みんなで平和に幸せに生きようよ!
そのために、できることをしようよ!

お互いの違いを受け入れ、お互いの違いをたたえあい、お互いの違いを乗り越えて…。

そのために、私たちは知恵をしぼろう。その想いを形にしていこう。想いを形にしていく……それが「IMAGINE ONEWORLD」。

人と人との友情や信頼は、コミュニケーションから始まる。人は一緒にいることで、仲良くなれる。
それぞれの文化を知ることで、そこに暮らす人と友情を育むことができる。

そうだ、私たち日本人は、日本の文化を通して「和の心」を世界に発信しよう。
そのときに芸術を用いよう。なぜなら、芸術に言葉の壁はないから。

美しいもの、尊いもの、かけがえのないもの、
それは人によってそんなに違うものではない。
だからこそ、世界はきっとひとつになれる。そう信じよう。

一人でも多くの賛同者を募集します。

一般社団法人 イマジン・ワンワールド
代表理事 高倉 慶応

法人名 一般社団法人イマジンワンワールド
事業概要 ①世界をイメージしたKIMONO*1制作 (*1KIMONO: 各国をイメージして制作される振袖と帯を総称)
・日本全国の着物、帯制作者のうち、工芸価値のある作品作りが可能な制作者に参画を依頼。伝統的技術の発展・伝承、若手作者の育成を狙い、バラエティー豊かな人選を行う。
・制作費は国家の大小関係なく、各国とも同一とする。
・デザイン案作成は、可能な限り当該国の大使館などや出身者から収集、確認を経る。
・将来的にレガシーとして受け継がれる最高峰の作品作りをプロデュースする。

② KIMONOを通じた地域事業
・日本各地で、縁のある国を取り上げKIMONO制作を担当する実行委員会の発足支援。
・KIMONOを通じた国際文化交流を推奨。
・日本各地の伝統産業・伝統技術の活性、地域活動の活性を促す。

③ KIMONOを通じた教育事業
・全国の教育機関に「世界の国」と「自国の伝統文化」を学び、体験できるプログラムを提供。
・日本人としての誇り、国際感覚、おもてなしの心などを育む。
例:テーマ国を調べKIMONOに描くモチーフを決める、着物について学ぶ(着付け、染色技術等)

④ KIMONOを用いたおもてなし事業/エキシビション事業
・各国の記念行事や国際イベントにて両国の友好の証としてKIMONOを活用いただく。
・国内外で開催されるイベントにて、KIMONO通じ「日本文化」「和の精神性」「平和・友好のメッセージ」を発信する。

役員など

代表理事 高倉 慶応
理事 上田 博和
理事 手嶋 信道
理事 藤木 智

所在地 福岡県久留米市中央町31-9
きもの蝶屋内

東京都千代田区神田神保町3-5
(株)SOW内

事業計画 ① 2020年までに196カ国*2のKIMONOを制作する。 (*2: 2017年現在、日本政府が承認している国の数195に日本を加えた数。)

② 2020年以降は、KIMONOを活用した理念の発信、着物産業および地域活性化、他分野の日本文化とのコラボレーションなど新事業を通じ「日本」のブランディングに注力する。

事業規模 制作費予算総額 約4億円

(着物100万円+帯50万円+制作諸経費50万円×196カ国)

制作者 日本全国の老舗から次世代を担う若手の染元、織元、作家が参画。
総制作者数: 約70名/約40社 (2018年1

月時点)

各種資料ダウンロード ◆IMAGINE-ONEWORLD-KIMONO-PROJECT-事業概要(2017/11更新)[PDF]  
個人寄付金申込書[PDF] 

法人寄付金申し込み書[PDF]

◆事業報告書[PDF]