,

日露両国首脳が主催する「ロシアにおける日本年、日本におけるロシア年2018」及びレプションでロシアのKIMONOをお披露目させていただきました。

2018年5月26日、日露両国首脳が主催する
「ロシアにおける日本年、日本におけるロシア年2018」及び
レプションでロシアのKIMONOをお披露目させていただきました。
ボリショイ劇場という素晴らしい場所で、
ミスインターナショナルのシゾウァ・アンナ(Сизова Анна)さんに
KIMONOをお召しいただきました。

ロシアのKIMONOのネイションスポンサーの
日本たばこ産業株式会社、
社長様はじめたくさんの方々に大変お世話になり感謝いたします。

一般社団法人イマジンワンワールド
KIMONOプロジェクト
代表理事 髙倉慶応

On May 26, 2018, the leaders of Japan and Russia hosted an event in Moscow. The theme was “Japan Year in Russia, Russia Year in Japan, 2018.”

It was held at a spectacular venue, the Bolshoi Theatre. I was able to present the Japanese kimono created for Russia worn by the Russian model, Anna Sizova. It was a great honor.

Allow me to express my thanks to all the people who were involved in the making of the Russian Kimono and thanks to Japan Tobacco (JT), the sponsor of the Russia kimono, for this very special journey.

Imagine One World Kimono Project
Representative Director, Yoshimasa Takakura

 

ロシア連邦KIMONOネイションスポンサー/「日本たばこ産業株式会社」様KIMONO制作者-小島 敏男(こじま としお)
日本で唯一の技法「飾り錦」は、様々な佐賀錦の織り地を、デザインに合わせて切り出し、組み合わせ、刺繍で留めていく技法で、まるで宝石のように輝きます。デザインは。エルミタージュ美術館、火の鳥をつかむイワンの様子。 ホフロマ漆器、ソユーズ宇宙船などをモチーフに、文化、芸術、科学技術の大国であることを豪華に表現しました。ドストエフスキーの名言「美は世界を救う」という言葉もプロジェクトのメッセージを代弁しています。

 

 

OBI 制作者-西陣 おび弘
帯は、西陣の手織本袋の技法でエルミタージュ美術館の装飾文様が織り上げられ、気品あふれる作品となっています

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA